HOME>機器設備、施設利用>主要機器設備>大型電波無響室(6面電波暗室)

大型電波無響室(6面電波暗室)

型  式 電波全無響室
メーカー TDK、日本シールドエンクロージャ
仕  様 有効内寸     :無響室:W3600×D8900×H3600
計測室      :W3450×D4950×H2950
          シールド性能:-80dB以上
測定距離     :5m
周波数範囲    :1GHz〜40GHz(平面波)
Quiet Zone 領域 :直径1m球
          反射量
           1GHz   -30dB以下
           2Ghz   -38dB以下
           3GHz   -45dB以下
           5〜40GHz -50dB以下
<機器の概要>
 大型電波無響室は、計測室と電波吸収体で床、壁、天井の六面が覆われた無響室から構成されます。
 無響室は、外からの電波の侵入を防ぐとともに、その中で発生した電波は電波吸収体で吸収されることで、宇宙空間の電波環境を模擬することができます。無響室のアジマスエレベーションテーブルに、アンテナ等の電波放射源を固定し、計測室から測定できます。
<主な使用事例・特徴>
 小型人工衛星が持つ各種アンテナの測定に使用できます。人工衛星は、アンテナを備え地球と通信する必要があるため、無線局としての免許を受ける必要があります。外来する他の機器からの電波に影響されず、自身の発した電波も戻ってこない環境において、無線局取得のための試験を行います。
設置年月 2018/2
担 当 者 新産業創出研究部 千代、橋本祐   
使 用 料 10,690円/1時間