HOME>機器設備、施設利用>主要機器設備>大動変位振動試験機

大動変位振動試験機

型  式 J250/SA5M
メーカー IMV
仕  様 加振力   :35kN
最大速度  :2.4m/s
最大変位  :100mmP-P(機械的ストローク120mmP-P)
振動周波数 :5〜2000Hz
最大搭載質量:600kg(可動部質量45kg)
試験種類  :正弦波、ランダム波、ショック波
<機器の概要>
 本装置は、試験機のテーブルに取り付けられた供試体(被試験体)に水平、垂直方向に任意に設定した加振力、振動数、加速度の強制振動を発生させて、その時の疲労、強度、耐久性を試験する装置です。これにより、材料や製品の振動の負荷による挙動特性の変化、破壊や異常の有無を評価します。
<主な使用事例・特徴>
 電子機器や構造物あるいはそれらをダンボール等に梱包した状態の試料に対して、想定される使用条件に合わせた加振条件を設定し、耐久試験を行うことができます。
(例1)自動車に搭載されるカーナビに振動を加えて、試験後も正常に動作するかを確認します。
(例2)ダンボールに梱包した商品をトラックで配送するが、振動で商品に傷がつかないか確認します。
設置年月 2017/2
担 当 者 機械・金属部 佐野、佐賀   
使 用 料 3,770円/1時間