“福井の魚-チカメキントキ”

キントキダイ科
地方名:ショウジョウダイ(越廼)、エンマダイ(米ノ浦)、ジョウジョウダイ(河野・敦賀)、メヨウジョウ(敦賀・高浜)、マツキダイ・メツキダイ(敦賀)、キンコダイ(田鳥)

体は、卵円形で側扁する。口はほぼ垂直に開き、下顎は上顎より突出する。鰓蓋主骨の上後方に鋭い1個の棘がある。腹鰭は大きくて、頭長よりも長い。体色は朱紅色で、腹鰭の膜は黒。体長40pに達する。刺網や底曳網でわずかに漁獲される。食用となるが、本県ではあまり利用されていないようである。


戻る