福井県の眼鏡産業は1905年(明治38年) に始まり2005年に産業生誕100周年を迎えました。
3D技術を活用することで、この伝統ある眼鏡産業が明るい未来へと発展していけるように、
業界・業種の垣根を越えて眼鏡のデザイナーから実際に眼鏡を製造する現場の技術者まで、
その道のエキスパートが集い、福井県工業技術センターが中心となり
この3D研究会が結成されました。




月2回の会合で技術内容を話し合い、メーリングリストで効率的な情報交換を行っています。
テーマは自主的に設定し、業界の効率化を進める内容から、
研究会としての規格化と 3DCADのオペレーションやモデリング、
さらにはソフトをカスタマイズするまでハイレベルな研究課題を設定し活動しています。




●2007.10.30 モデリング駆け込み寺開設
2006.12.04 3D研究会成果発表会開催
●2006.11.14 コンテンツ大幅追加
●2006.05.09 眼鏡業界初!教材ビデオ「眼鏡フレーム3D設計トライアルコース(山編)」完成
●2005.05.02 3D研究会ホームページ公開



お問い合せ

福井県工業技術センター

 3D研究会事務局

〒910-0102
福井県福井市川合鷲塚61字北稲田10

機械・金属部眼鏡研究グループ

 後藤 基浩

TEL 0776-55-0664
FAX 0776-55-0665

E-mail: gotoh@
fklab.fukui.fukui.jp


3D研究会入会申し込み

会員規約






 
  モデリング駆け込み寺

 
     
 
   
 
サイトマップ    関連リンク集