HOME>機器設備、施設利用>主要機器設備>エネルギー照射焼成装置

エネルギー照射焼成装置

型  式 S-2210
メーカー Xenon
仕  様 最大放射エネルギー:17.5J/cm2
         (※3kV、3.0ms設定時でランプ下面から25mm位置にて)
パルス発光時間設定:0.1ms〜5.0ms【0.05msステップ】
発光波長     :240nm〜800nm
照射範囲     :150mm×150mm
<機器の概要>
 本装置は、プリンテッドエレクトロニクス分野を中心とした金属を含む導電性インクを焼結(光焼結)させる装置である。テキスタイルやPETフィルムなど熱に弱い素材上での金属ナノ粒子の焼結が可能です。印刷プロセスなどを用いて電気配線の作製などが可能となります。
<主な使用事例・特徴>
 テキスタイル上へ電気配線を作製しスマートテキスタイルの試作のために使用します。基材となるテキスタイルに導電性インクを用いて、配線パターンを印刷し、光焼成により繊維を傷めずに焼成することで電気配線を作製することが可能です。
設置年月 2017/2
担 当 者 新産業創出研究部 辻   笹山
使 用 料 1,300円/1時間