HOME>機器設備、施設利用>主要機器設備>複合材料用オートクレーブ成形装置

複合材料用オートクレーブ成形装置

型  式 AC-1200×2100
メーカー 螳嘉沈什扈
仕  様 缶内最大寸法  :φ900mm×L1000mm
(最大成形品寸法:650×650×100mm)
常用温度    :400℃以下(設計温度420℃)
加熱・冷却速度 :最大±10℃/min
常用圧力    :1.9MPa以下(設計圧力2.0MPa)
         圧縮空気、N2ガスにより可
加圧・減圧速度 :最大±0.05MPa
真空能力    :真空到達度0.7Pa以下、真空ホース6箇所
センサー    :K型熱電対9箇所設置可
成形制御方式  :制御システム(ACS-5000)による
         PID比例・物温・雰囲気制御
成形プログラム :7セグメント以上設定可能
<機器の概要>
 本装置は、炭素繊維などの強化繊維と樹脂を一体化させた中間基材(プリプレグ、プリプレグ織物など)を加熱・加圧・真空処理して焼き固め、成形できる装置です。
 400℃までの加熱、1.9MPaまでの加圧が可能であることから、熱硬化性および熱可塑性の複合材料の成形に対応しています。
<主な使用事例・特徴>
 真空バッグによる吸引機構を有することで樹脂の揮発成分や気泡を除去することができ、ボイド率(欠陥率)の少ない高品質な成形品を得ることが可能です。
設置年月 2016/2
担 当 者 新産業創出研究部 近藤慶   伊與
使 用 料 3,820円/1時間