HOME>機器設備、施設利用>主要機器設備>熱硬化性樹脂調整装置

熱硬化性樹脂調整装置

型  式 プラネタリーミキサー PLM−2
メーカー 螳羮綫什扈
仕  様 混練可能粘度:100〜10,000P(10〜1,000Pa・s)
タンク容量 :2L(寸法Φ160mm×H105mm)
ブレード  :枠型 2軸1対
       交転 10.2〜40.9r/min
       自転 27〜108r/min
ブレード間クリアランス:2.5mm以内
温度制御  :50〜100℃
真空制御  :〜6.7×10-2Pa
<機器の概要>
 物性の異なる高粘度熱硬化性樹脂同士の攪拌を行う装置です。2軸1対の交転ブレードが遊星運動を行うことで、高粘度熱硬化性樹脂を均一に攪拌することが可能です。また温度制御、真空制御を行いながら攪拌することが可能です。
<主な使用事例・特徴>
 硬化反応が起こらない低い温度領域での攪拌ができ、真空状態で樹脂に気泡や水分の混入を防止することで、信頼性の高い熱硬化性樹脂を作成できます。
 またブレード相互間とタンク内面の死点(Dead Space)が少なく、密閉された空間での攪拌ができるので、粉体、液体、固体等の多様な樹脂相にも幅広く対応でき、分散性、均一性に優れた熱硬化性樹脂が作成できます。
設置年月 2010/3
担 当 者 新産業創出研究部 近藤   伊與
使 用 料 500円/1時間