HOME>機器設備、施設利用>主要機器設備>樹脂コーティング装置

樹脂コーティング装置

型  式 R-HC
メーカー 螢劵薀離謄シード
仕  様 樹脂   :ホットメルト樹脂(エポキシ樹脂等)
粘度   :50,000〜200,000mPa・s(40〜200℃)
塗工量  :10〜50g/m2
塗工幅  :〜340mm
処理温度 :40〜200℃
処理速度 :1〜10m/min(機械的加工速度)
塗工用基材:離型紙(厚み 40〜120μm、幅 〜400mm、重量50kg以下)
貼合基材 :カバーフィルム(厚み 20〜30μm、幅 〜400mm)
<機器の概要>
 熱硬化性樹脂等を加熱・溶融状態にして工程紙上に薄く製膜、ラミネート、巻き取りまでを連続して行うホットメルト法の塗布加工装置です。製膜方法は、直接樹脂を塗布加工するコンマダイレクト方式と、ロール上に塗布された樹脂をさらに薄く引き伸ばしながら製膜するコンマリバース方式が可能です。
<主な使用事例・特徴>
 上段コンマロールとコーティングロールの隙間を調整することで一定膜厚の樹脂シートが作製可能です。さらに、コンマリバース方式によりバックロールとコーティングロールの速度比を制御することで、樹脂目付10g/m2、膜厚20μm程度の薄膜の樹脂シートの作製が可能になります。
設置年月 2010/2
担 当 者 新産業創出研究部 近藤慶   伊與
使 用 料 2,850円/1時間 担当者までお問い合わせ下さい。