HOME>機器設備、施設利用>主要機器設備>反応改質混練システム

反応改質混練システム

型  式 PRMN-25FS
メーカー 螢僉璽ーコーポレーション
仕  様 混練押出機の方式:2軸同方向回転
スクリュー径  :25mm
L/D     :36
最高回転数   :300rpm
最高使用温度  :450℃
最高使用トルク :180Nm
<機器の概要>
 プラスチック成形材料に、異種のプラスチック材料や、有機・無機の添加剤を混合し、溶融混練によってプラスチック材料の改質を行う装置です。ペレタイザーを使用することで成形用ペレットの作製もできます。また、混練時の樹脂温度、樹脂圧力、混練トルクを計測・表示が可能で混練特性を評価しながら、材料の改質ができます。
<主な使用事例・特徴>
・2種類以上のプラスチックを複合化するポリマーアロイの作製。
・有機系・無機系の粉体を添加・混練することによるプラスチック材料の改質。
・液状添加剤によるプラスチック材料の改質。
設置年月 2005/1
担 当 者 化学・繊維部 前川  新産業創出研究部 雲竜
使 用 料 2,040円/1時間