次世代眼鏡フレームの製造技術の開発

分野 眼鏡(フレーム成形技術)
テーマ名 電子機能を有する次世代眼鏡フレーム成形技術の開発
目的 本研究は、新技術による次世代眼鏡フレームの製造技術を開発することを目的としている。
成果  ダイキャスト条件の最適化により、0.3mmの薄肉部分と3mm程度の高さの兆番を同時成形できるようになった。また、電子モジュールを装填可能な金属ガラス製部材を試作した。


試作眼鏡フレーム
担当
研究者
富田孝一(専門分野:材料力学), 新産業創出研究部
山口太一(専門分野:金属接合加工), 金属加工研究G