医療機器のための高精度加工研究

分野 機械・金属(ロボット・機械加工)
テーマ名 医療機器のための高精度加工研究
目的  チタン製人工骨などの医療機器のリサイズ、積層造形品などのニアネットシェイプ品の追加工のために、非回転工具とパラレルリンクロボットを組み合わせた新しい加工技術を開発する。
成果  比較的剛性の高いパラレルリンクロボットを設計試作し、手先座標のCSVデータを与えることで目標位置に駆動するシステムを開発した。
 CADデータから非回転工具による切削加工の経路を生成するCAMプログラムを作成した。
 チタンの非回転工具による引き切り加工の切削実験を実施した。
 その結果、球面形状など簡単な形状では、表面粗さRa5μm以下での切削が可能であることを確認した。

開発した装置の外観

チタン切削表面

開発したシステム構成
担当
研究者
元山尚乙 (専門分野:精密測定、機械),金属加工研究G