ナノ構造炭素材料を用いた有機系電池電極の開発

分野 機械・金属(ナノ炭素材料合成技術)
テーマ名 フラーレンおよびパターンニング垂直配向CNT合成技術の開発
目的  ナノ炭素材料であるフラーレンおよびカーボンナノチューブのパターンニング合成技術を確立する。カーボンナノチューブに関しては、金属基板に垂直配向した状態となる垂直配向CNTの合成を行う。
成果  多相交流アークプラズマ法によるフラーレン合成手法において、電源位相差の組み合わせによりフラーレンを効率よく合成する手法を確立した。また、レーザ照射による垂直配向CNTのパターンニング合成手法を確立し、銀板上に櫛状にパターンニングされたCNT電極を作製することが可能となった。
図1 多相交流アークプラズマの放電 図2 櫛状パターンニング垂直配向CNT
担当
研究者
芦原将彰(専門分野:レーザ加工), レーザ・電子線研究G
佐野 弘(専門分野:電子工学), 機械電子研究G
竹内雅則(専門分野:化学), レーザ・電子線研究G
真木教雄(専門分野:無機化学), 製品化デザイン支援G