低環境負荷先端材料(炭素繊維強化熱可塑性樹脂<CFRTP>)に対応した穿孔加工工具の開発

分野 機械・金属(複合材料・機械加工)
テーマ名 低環境負荷先端材料(炭素繊維強化熱可塑性樹脂<CFRTP>)に対応した穿孔加工工具の開発
目的  リサイクル性の良さ、成形に要する時間の短さから、自動車や航空機などへの需要拡大が期待されているCFRTP(炭素繊維強化熱可塑性プラスチック)に対して、優れた品質の穿孔(孔あけ)加工を行える工具(ドリル)を開発する。
成果  CFRTPの加工では刃先の摩耗、樹脂の熱影響などにより穿孔面の盛り上がり、貫通面のバリなど加工品質のよい加工ができない問題があり、熱の影響と切削抵抗を低減させる形状の工具を開発した。
 その結果、市販工具での穿孔寿命40穴程度に対して、1000穴以上の穿孔寿命を確認した。

CFRTP板の穿孔試験結果(貫通面)
担当
研究者
嶋田浩文(専門分野:精密測定、機械加工), 金属加工研究G
元山尚乙(専門分野:精密測定、センシング技術), 金属加工研究G