リサイクル炭素繊維による熱可塑性複合材料用不織布の開発

分野 複合材料(不織布技術)
テーマ名 リサイクル炭素繊維による不織布の開発
目的  炭素繊維複合材料(CFRP)から綿状の炭素繊維(CF)を回収して再びCFRPに再利用するリサイクル技術が検討されている。そこで、回収されたリサイクルCF繊維とマトリックスとなるナイロン繊維を混合し乾式不織布工程で不織布化することにより、安価で複合材料化できるリサイクルCF不織布の開発を行った。
成果  リサイクルCF繊維とナイロン繊維を混合した繊維より、乾式不織布工程のカーディング方式を活用して不織布を試作することができた。ただし、Vfが高くなるほどカード機の針にCF繊維が目詰まりする現象が発生しやすくなった。
 また、この不織布をプレス加工して成形板を試作し、断面観察や引張試験を行うことで基本的な物性を評価することができた。


成形板の応力-ひずみ曲線

担当
研究者
川端清二(専門分野:製織準備、製織技術), 繊維研究G
村上哲彦(専門分野:糸加工、製織技術), 産学官共同研究G