眼鏡枠用3次元設計システムの開発

分野 3D試作(デザイン・CAD)
テーマ名 眼鏡枠の3次元CADによるモデリング技術研究
(3次元CADの眼鏡枠用カスタマイズ研究)
目的  従来、デザイナーが2次元CADで行っていた眼鏡枠デザインを3次元CADで行えるようにすることで、画面上での形状確認の容易化、試作回数の削減、試作へのデータの活用を可能とし、製品開発における期間短縮とコスト削減を実現する。そのために、短時間で思い通りにデザインできるような眼鏡枠用の3次元CADを開発する。
成果  ベースとなる3次元CADとしてRhinocerosを選定し、玉型、リム、モダン、テンプルの基本的なモデリング手法を開発した。
 眼鏡枠モデリングの定型作業の自動化として、以下のスクリプトを開発した。
  1. リムとレンズの自動作成
  2. 成功率の低いフィレット機能をカバーするエッジ丸み付け機能
  3. ブリッジの自動作成

スクリプト実行前に玉型とリム断面を配置

スクリプトを実行し自動作成されたリムとレンズ

スクリプト実行前に図面を配置

スクリプトを実行し自動作成されたブリッジ
担当
研究者
後藤基浩(専門分野:プログラム開発), 地域産業・技術振興課
仲井美生(専門分野:デザイン), 製品化デザイン支援G