ふくい宇宙産業創出研究会WG 人工衛星技術習得への取り組み

〜人工衛星製造実習「宇宙の何を模擬すべきなのか」〜

 ふくいオープンイノベーション推進機構では、県内ものづくり企業に対し、宇宙産業でのニーズなど最先端の情報を提供することにより、宇宙産業への参入を支援していくこととし、「ふくい宇宙産業創出研究会」を設立し、産業化に向けた情報提供・意見交換を行っています。
 平成28年7月29日(金)の研究会にて提示しましたワーキンググループ(WG)毎に、事務局より課題を設定して人工衛星製造実習に取り組むこととし、課題に対する提案を募集しております。

 以下の通り課題を設定します。課題(1)〜(5)に対する筐体設計やブレッドボードモデル機能について、会員企業よりWGに対する提案を募集します。既にお申し込みのWG以外の課題への提案でも構いません。
 ご提案いただいた提案内容については、各WGにて発表して頂く予定です。

ワーキンググループと主要技術課題は以下の通りです。

  • 構造(筐体)系ワーキンググループ(WG1)
    熱サイクル、振動解析、筐体設計、難加工材処理などの課題に取り組みます
  • 電気・通信系ワーキンググループ(WG2)
    電力分配制御、通信の信頼性確保、衛星全体のモード設計、コマンド体系、制御アルゴリズムなどの課題に取り組みます。
  • 要素技術研究ワーキンググループ(WG3)
    個々の衛星の目的に応じた、アンテナ、各種センサ、カメラ等、温度制御や姿勢制御機器、耐宇宙環境試験方法などの課題に取り組みます。
  • 先端宇宙技術研究ワーキンググループ(WG4)
    衛星に限らずロケットや宇宙服など、上記に分類されない部材関連など、宇宙産業全般的な将来の課題に取り組みます。

1 募集について

テーマ:人工衛星製造実習「宇宙の何を模擬すべきなのか」
募集課題:
(1)振動実験用構造の設計(WG1)

(2)ロケット搭載打上げ後の電気的動作模擬(WG2)
(3)自律制御モードの移行(WG2)    
(4)地球観測ミッションの遂行(WG3)
(5)将来ニーズに対するシーズの提案(WG4)

条件等
実験仕様およびシステム要求仕様は事務局から提示します。
(1)寸法・構成品等は指定します
(2)動作手順・制約は指定します
(3)人工衛星のシステムブロックおよび自律制御モードは指定します
(4)ミッション内容は指定します
(5)どんな分野でもご提案可能です

締切
平成28年9月9日(金):提案申し込みまでで可

その他
上記の指定事項や実験・システム要求仕様や、さらなる課題の詳細に ついては、宇宙産業創出研究会事務局でまでお問い合わせください。 事務局より別途、ご連絡いたします。

2 提案内容発表(ふくい宇宙産業創出研究会 各WG対応)

日時:平成28年9月14日(水)(WG1〜WG4)
場所:福井県工業技術センター B206

3 研究会活動に関する問い合わせ、申し込み先

(公財)ふくい産業支援センター
 オープンイノベーション推進部 技術経営推進室   松井、山本
福井県工業技術センター
 新産業創出研究部 レーザ・電子線G 末定(すえさだ)
  
〒910-0102 福井市川合鷲塚町61-10
Tel:0776-55-1555  FAX:0776-55-1554  Mail:foipアットマークfisc.jp

FOIP相談先リンク   お問合わせ   パンフレット