ふくい宇宙産業創出研究会WG 人工衛星技術習得への取り組み(その4)

−非修理系環境でのシミュレーション、熱の特性を使いこなせ−

 ふくいオープンイノベーション推進機構では、県内ものづくり企業に対し、宇宙産業でのニーズなど最先端の情報を提供することにより、宇宙産業への参入を支援していくこととし、「ふくい宇宙産業創出研究会」を設立し、産業化に向けた情報提供・意見交換を行っています。
 平成28年7月29日(金)の研究会にて提示しましたワーキンググループ(WG)毎に、事務局より課題を設定して人工衛星製造実習に取り組むこととし、課題に対する提案を継続して募集しておりますので、ご案内します。

 福井県工業技術センターでは、企業様の宇宙関連部材開発を加速させるために各種環境試験実施の支援や情報提供を行っております。このたび、北海道大学 大学院工学研究院 機械宇宙工学部門 戸谷剛准教授をお招きし「超小型衛星の熱設計・熱制御」についてご講演いただきます。

    (1)超小型人工衛星概論

     戸谷先生は、これまで2006年打ち上げの「HIT-SAT」、2010年の「UNITEC-1」、2014年の「ほどよし1号」などの熱設計を担当してきました。 講演では、これらの衛星の熱設計・熱制御方法について説明するとともに、現在取り組んでいる短期間(約1年、中・大型衛星では10年)で熱設計を完了する方法などについてご講演いただきます。

    • これまでの超小型衛星
    • 熱設計の役割
    • 熱の伝わり方
    • 宇宙での熱環境
    • 超小型衛星の熱的特長
    • 超小型衛星の熱設計と適応例

    (2)超小型人工衛星の熱設計・制御の基礎

     技術者向けに、目的(人工衛星の熱設計・制御)に関連する基礎技術や理論など、これから人工衛星の熱を勉強するかたの取り掛かりとなるべき、知っておくべき内容等について授業形式での講義を予定しています。

    (3)超小型人工衛星の熱設計実践

     これからの熱設計・制御のために、戸谷先生に適当な例題を設定して頂き、技術者に熱設計・制御などを経験させて頂きます。一例として、現在、取り組んでいる設計における課題や対策など、実務的に役立つ課題をご指摘頂き、授業形式での講義を予定しています。

     これらについて、会員様の積極的なご参加をお待ちしています。

    1 WGテーマ:「超小型衛星の熱設計・制御」

    2 講演会(ふくい宇宙産業創出研究会WG)

    日時:平成28年11月24日(木) 13:30−  (受付13:00)
    場所:福井県工業技術センター B206

    内容は変更する可能性があります

    3 お問い合わせ、申し込み先(締切:11月22日(火))

    会社(機関)名、所属、参加者氏名(複数の場合は全員)を記し下記までメールしてください。

    (公財)ふくい産業支援センター
     オープンイノベーション推進部 技術経営推進室  松井、山本(雅)
    福井県工業技術センター
     新産業創出研究部 レーザ・電子線G 末定(すえさだ)
      
    〒910-0102 福井市川合鷲塚町61-10
    Tel:0776-55-1555  FAX:0776-55-1554
    Mail:foipアットマークfisc.jp

FOIP相談先リンク   お問合わせ   パンフレット