HOME>ご利用の流れ

  ふくいオープンイノベーション推進協議会(FOIP)では、県内企業等からの研究課題に、より早く適切にご対応するため、お問合せいただきました案件については、次に示す相談解決のスキームに基づいて、責任を持って対応いたします。

ステップ1

 研究課題等が生じた場合には、FOIP構成機関である最寄りの商工会議所、産業支援機関、大学・高専、公設試、金融機関および直接 工業技術センター内に設置している「FOIP窓口」にお問合せください。お問合せいただきました機関で解決できる場合には、すぐに対応いたします。

ステップ2

 ステップ1で、問い合わせた機関で解決できない場合には、「FOIP窓口」にて、700名を超える人材データベースなどを活用し、対応可能な研究者を探索・分析いたします。その結果、個別に対応可能な場合は、研究者が解決に当たります。

ステップ3

 ステップ2で、個別には解決できない場合には、強力FOIPディレクター(工業技術センター)、米沢委員(福井大学)、羽木委員(福井工大)、山本委員(福井高専)で組織する「企画検討会」が責任を持って、プロジェクトの検討、産学官金チーム結成など解決案の提示を行います。
 その後、産学官金で構成する推進会議にて、プロジェクトの推進管理等を行います。

 

スキーム

ご利用の流れ

お問合わせ   パンフレット